<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

再び、講座参加

ようやく涼しくなりました。ちょっと寒いくらいです。。。。。。。

本当は今頃、スペインに行っていたはずでした。f0085938_14282512.jpg

なんでも昔むかし、私はスペインのサンチャゴ・デ・コンポステーラのどこかで仕事をしていたらしい。。。。。観光ガイドブックで見る限り、多分総本山のサンチャゴの色彩はちょっと相容れないものがあるので、自分ではバスク地方だと思っていますが。。。。。。ちょっと行ってみたい!ミルキーウェイもきれいに見れるらしいし・・・・・などど安直に考えていました。

ところが、今年の6月にグラストンベリーへ行った時、丘を登るだけでも息切れて・・・・・うわぁ~~~体力の限界と気分的に撃沈。f0085938_1438463.jpg

やはり、<聖地>というところはお気軽に行ってはいけないということなのでしょう~。

で、東京にいたので先日、朝日カルチャーの<聖地と占星術>の講座に参加。認識を新たにする共に、やっぱり不完全燃焼に終わったグラストンベリーも再訪問しようと。。。。。
多くの人とわさわさと行くべきではないですね!聖地とはと認識も新たに体力、気力(これはあるか)作りに気をつけようと思った今日この頃です~☆
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-30 14:44 | Astrology

プリザープドフラワー

暑さ寒さも彼岸まで。。。。。。。
というわけで、ちょっと信じられないくらいの暑さは去ってくれたようです。
そうすると、そこには<秋>

今日は芸術の秋を堪能してきました。f0085938_2184915.jpg
プリザープドフラワーのアレンジメント講座に参加。

本物のお花に染色してつくるフラワーアート。

実はこのお花、意外なところで大活躍なのです。
まずは、病院・・・・・・花粉が闘病生活に邪魔な事が多々あるそうです。
無菌状態を保たなくてはならない時には特にそうだと思います。

また、今夏のように暑い日が続くとき、生花はすぐに痛んでしまいます。
最愛の人を失った時に、供える花が早く劣化するのを見るのはつらいものです。そのような時の贈り物にもとても喜ばれるとか。
花はそこにあるだけで、人々の力になってくれるのですね。
形と色の癒しかもしれません。
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-27 21:16 | Plants

いろいろな表情の国*イギリス

最終日の空き時間、ふたたびアロマ関係やアストロ関係のあるコヴェントガーデンで過ごす事になりました。コヴェントガーデン地域も多面的な顔を持つ所で、子供(鉄道好き)と一緒の時は必ず、ここにある交通博物館(←ここも楽しくお勧めです~^^v)や、ショッピングセンターに訪れていました。いくら時間があっても足りない旅行者。今回は駅をはさんで反対側のニールスストリート界隈で時間を過ごす事が多かったようです。f0085938_13515949.jpg

アストロロジーショップ

f0085938_13532283.jpg










色とりどりのジェムストーンや、精神世界の書籍を沢山扱うニューエイジなお店<Mysteries>や、オーガニックな食品やコスメを扱うお店が多いゾーンです。
f0085938_13582114.jpg

アロマテラピー・占星術・ガーデニング・ヒーリングスポットが今回の旅のテーマでした。しかし、イギリスは沢山の顔を持つ国です。その時々の自分が持ってきたテーマに限りなく答えてくれて、しかも当初の予想以上の<気づき>もお土産に持ち帰らせてくれる奥の深い国、イギリスでした~☆
f0085938_1449688.jpg




今まで読んでくださった皆さま、ありがとうございます。明日の新月を前に今回のイギリス報告は終了です~☆☆  
明日の新月には「また、イギリスに行かれるチャンスを下さ~い!」とお願いしようと思っています☆☆☆


☆願わくば、、、、、次回はキッチン付きのフラットに泊まりたい!
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-10 14:07 | 2007UK

ご飯はパブで!

Salisburyへ戻っての夕飯は結局PUBになりました。
折角のイギリス、美味しいビールを堪能しなくては。。。。。。。
f0085938_14344985.jpg

今回の旅行中、何回かPUBで食事をしましたが、ほとんど正解でした~^^v





女性同士でも全然OK!お勧めのエールビールも教えてくれますし、なかなかいい感じです。
翌日のロンドンでのランチもまたPUBでした。
f0085938_14391750.jpg







f0085938_1440026.jpg


ここはPrince of Wales(チャールス皇太子)という名の王室御用達のPUB。ケンジントン宮殿からも近い、お店の方たちもちょっとジェントルマンなPUBでした~☆
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-09 14:48 | 2007UK

BATHの中の日本?!

さてさて、散策しているうちに夕飯の心配。。。。。。
BATHで済ますか、またはホテルのあるSalisburyに戻ってからにするか。ホテルまでは駅からちょっと距離があったし、その間に大聖堂の敷地内を横切ったりするし、街中を外れるので(なんか街灯もなかったような)、とりあえずはSalisburyに向かうことにしました。日は長いといっても日没後はすぐに暗くなります。
f0085938_14154913.jpg

BATH SPA駅で電車を待っていると面白い看板を発見~^^v
f0085938_14173931.jpg


駅のホームのカフェの看板です。
出汁*DASHIと書いてある。。。。メニューに手巻き寿司や味噌汁も書いてある~^^;







もう一つの不思議なモノ。f0085938_14233886.jpg

ヨーロッパを旅するとたまに見かける体重計。駅のホームにあったり、絶景ポイントの観光地に望遠鏡と一緒に並んでいたり。。。。。公衆の面前で体重を計る人って?????いるのだろうか?
体重計は見たことはあっても、実際に計っている人は見たことはない。不思議なモノの一つです~☆
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-09 14:29 | 2007UK

BATHの街並

BATHの街も少し散策する事ができました~♪
f0085938_11264875.jpg
街の中央に大きな川があり、その渡った所にあるカフェでランチをしました。流れる水音を聞きながら。。。。。
水量が豊富、、、、、きっと水質も抜群なのでしょうね。古代ローマ人が目に付けたのはこの辺りなのでしょうか。古代ローマ人は水道橋を作ったり、水を制する知恵・技が抜きん出ていたようです。水を制するものは国家をも制すでしたっけ?!今なお、古代ローマ人の足跡を感じられるのは素晴らしい事ですね。
そしてこの川の橋はただの橋ではありません。両側に可愛いお店が並んでいました。フィレンツェのポンテベッキオ橋は左右にジュエリーショップが並んでいますが、ここはお花屋さんやぬいぐるみ屋さんが多い感じでした。。。。。さすがイギリス~☆
f0085938_1132107.jpg








f0085938_11325540.jpg

↑あっ、でもこのテディはシュタイフ社製(ドイツ)かな!?!?!?
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-08 11:42 | 2007UK

やっと*BATH SPA*に辿り着く

やっと辿り着きました BATH!お風呂の<BATH>の語源にもなっている所。しかも<SPA>まで付いてかなりなもの。。。。。
到着したのがすでにお昼過ぎだったので、まずランチ(コーディネターのTさんお勧めの川沿いのカフェ)を済ませ、ご当地で有名な<ROMAN BATHS>へ!f0085938_16481955.jpg











f0085938_16494062.jpg
中では白いコスチュームをまとったローマンスタイルの人が詩の朗読・パフォーマンスをしていました。→

日本語版の説明のハンディガイドを借りてどんどん進むと、なんとサウナの設備が整えられてあります。この当時からあったのに驚くと共に実は本当にSPAの原点がここにあり!
以前、ローマのカラカラ浴場も見学に行った事があるのですが、ここの方がかなりSPA要素が強い・・・むしろ修復して見せ方が上手なのか?????
f0085938_1658143.jpg

マッサージもあったり、かなり現代のSPAと似ています。ここを参考にしたのでしょうか?!
しかし、ローマ人は沐浴に抵抗がなく水で洗い落とすということに清潔概念があったらしいのですが、その他の欧州人のあいだには長らく、水を媒介して病気になる(ペストなど)という風潮があったので、イギリスでこのようなスタイルのお風呂を見るのは衝撃的でした。まぁ、ローマ人が主流だったので当たり前といえば当たり前なのでしょうね。
ここの利用者はやはり当時も誰でもというわけでなく、特権階級の利用だったようです。しかも男女一緒とか???????風紀も乱れやすかったそうです。

ちなみに、ここの湧き水も飲用可でした。
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-07 17:05 | 2007UK

* Culpeper * カルペパー *

滞在したホテルはちょっと街中から外れていたようなので、コンシェルジュのお兄さんに駅までの行き方を聞いたら、大聖堂の敷地内を横切っていくのが良いと。敷地内は外部との仕切りなのかゲートがあります。ソールスベリーは歴史のある街なので、建物もとても重厚感が伝わってきます。
f0085938_11213624.jpg

石作りの壁にステキなハンギングバスケット~♪
さすが、イギリス!湿度のない、この空気が羨ましい。



f0085938_1131569.jpg

ゲートを通り抜けると、なんと朝市もやっているではないですか~♪。はい、すぐに引っかかりました。。。^^;
その時々の新鮮な野菜、果物が並んでいます。あぁ~~ぁ、キッチン付きに泊まりたかったなぁ~。別に本格的なお料理をするわけではないのですが、食材は良いのですよ~イギリスって!

街中にはそこそこ、有名店(バーバリ、ローラアーシュレイetc)とかもありました。勿論、ハーブショップもです。ニールスヤード、カルペパーなどなど。日本からカルペパーハウスはもう撤退してしまったので、とても懐かしいです。
f0085938_11295715.jpg
以前、カルペパーハウスは精油、ハーブティーのほかスパイス類も多く扱っていたのですが、いまは自然化粧品の取り扱い、特にDr.ハウシュカ(ドイツ)が多かった印象です。もしかしたら今回ロンドンの本店には行かなかったので、このお店だけかもしれませんが。
とはいえ、いろいろなモノをここでも買い込み、、、、、、まだ駅に辿り着けない。
<BATH  SPA>に着く前にお昼になってしまいそうです。。。。。^^;
[PR]
by MiaDolceVita | 2007-09-01 11:51 | 2007UK