<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 * Astrology?それとも Tarot? *

イタリア各地には、占星術というか天体をテーマにした図像がたくさんあります。特にルネッサンス絵画。

占星術を知る前は、なんで?なんのメッセージなの?と思っていたことが、その根底にあるものがちょっとわかると、いろいろな解釈が出来てそれはそれで楽しいです。キリスト教が占星術を迫害した歴史はあったとしても、バチカン美術館にだってその手の絵画はうじゃうじゃあります。
どういうことでしょう?

特にルネッサンスの宮廷社会においては、競ってその図像をモチーフにしたものをたくさん創り出されたようです。
その中でも有名なのはフェラーラのスキファノイア宮の壁画でしょう~☆
ヴァールブルグの研究でも有名なフレスコ画です。f0085938_2221329.jpg

訪れたとき、残念ながら写真撮影はNGでした。通常、フラッシュなしならOKなのですが、ここはデリケートなフレスコ画なのでダメとか。だったら、絵ハガキくらいあるかと思えば、それもなし。
あったのは、本だけでした。
入館者は私たち2人だけだったのですが、絵ハガキや、写真NGをカバーするためか、皆さんとても親切でした。あんまり上映したことのなさそうなヴィデオまで見せてくれたり。。。。。。。

ここのフレスコ画はastrology的というより、私にはTarot的な印象を受けました。

蟹座の蟹がどう見てもザリガニ。
これに関してはこの部屋の係りのお姉さんが、「フェラーラは海から離れているので、蟹とザリガニがよく分からないまま描いたのではないの?」とか・・・・・・ホントかいなぁ~。
Tarotの月の絵柄も蟹ではなくザリガニっぽいですよね?
この絵柄からインスパイアされて描かれたのもあるのではないかとちょっと思ってしまいました。

まぁ~、とても面白いところだったのでまた行きたいと思っています。
その時は是非、絵ハガキくらい作っておいてほしいなぁ~☆
[PR]
by MiaDolceVita | 2009-08-23 22:18 | Astrology

*☆。* 魔女のティータイム *☆:*★

先日は友人たちとの定例食事会(?)でした~☆

あるコアなところで知り合い、それ以来かなり親密なお付き合いをさせていただいております。
それぞれの分野でプロフェッショナルなので、お互いにその秘儀(?)を披露したり、かなり勉強会的な要素が強い集まりなのですが、かなり魔女っぽい集まりかもしれません。
でも、見た目は全然普通です。

食事のあと行くところも、、、、、、お洒落な紅茶専門店。

f0085938_2140472.jpg


なぜか、この日はかなりデドックス気味で
得たものも多かったのですが、必要ないものも消去出来たような一日でした。
紅茶の効果?!?

☆ポットの中に魔女が。。。。
<アロマ>も<占い>も昔から魔女の必須アイテムだから仕方ないですよねぇ~^^;
[PR]
by MiaDolceVita | 2009-08-22 21:48 | Pranzo

*☆:* 本の山  *+☆*

やっと仕事が一段落したので先月買ってきた本が読める。。。。。。

f0085938_1033383.jpg


しかしなんでこんなに買ってしまうのだろう??????

この時に出合ったのは何かのご縁、そして「あの時のあの本!」と後悔しないためにと蔵書は増える。
しかし要辞書なんですけどぉ~、それも脳細胞の活性化によいかと思いつつレジに向かう私。
みんな気に入って買ってきた本なのですが、特に気に入っているのが、

f0085938_10373483.jpg

ウフィッツィのミュージアムショップで出合ったのですが、英語版しかなかった。ミュージアムショップの女性も面白いわよ~とご推薦。たしかにたしかに。



これこそが私が知りたかった世界観です~☆☆☆
[PR]
by MiaDolceVita | 2009-08-15 10:44 | Libri

*☆: * 最後の〆は。。。。^^ ~☆*

昨日は夕方から都内某所で勉強会に参加してきました。

薬学博士の主幹する勉強会で、アロマセラピストの参加も多かったのですが、医師たちも参加する本格的な勉強会。全3回の講座でお題は<遺伝子>について。
化学が不得意とされる(?)アロマセラピストにも分かりやすいレクチャーで、医学を専門とする方にとっては、そういった見方もあるのではないかと、私たちの質問などを聞いて驚かれたのではないでしょうか?
とかく専門分野になると、周りもそのことを踏まえての会話や解釈になりそれは私たちアロマセラピーを専門にするものにとっても注意すべき事柄となります。
参加人数も20人以内とかなり限定な講座。それにも意味があって、数回にわたって開講しても顔を覚えられなくては意味がないという配慮からでした。この事柄こそがまさにDNAのなせる業的なところもあり興味深い所です。そう、結果的には私も皆さんのお顔とお名前はほぼ覚え、多分街角で突然お会いしてもご挨拶出来るでしょう~☆
もうひとつ、生物・植物のほとんどは生まれ成長し繁殖し、そして繁殖機能が衰えると死滅してしまうとのことですが、人類は繁殖力が衰えても生き続けるということ。これには意味があって、文化の伝承という重要な意味があるとのことです。
そう~、年を取ったらとったでまた重要なお役目が出来るということです。
なんだか、年をかさねることが素敵なことに思えました。でも伝える文化がないとだめですよねぇ~。
そのことを胸に精進いたしますっ!

そして、お楽しみ(?)の一つは毎回勉強会後のお食事会~☆
f0085938_10412623.jpg

同じ釜の飯(?)&アルコール068.gif
いつもはきりっと学生さんや患者さんのの前に立ってる先生がたが素顔になられること。。。。。。
ここでもまた違った意味でのレクチャーありで、盛り上がります~^^;

素敵な勉強会を開催してくださったA教授とM先生に感謝です~069.gif
[PR]
by MiaDolceVita | 2009-08-09 10:48